3年間で業績を2倍にする宮坂総研(MRI)コンサルティング

3年間で業績を2倍にする成長戦略コンサルティング

3年間で業績を2倍にする成長戦略コンサルティング

 
  今、売上が減少して困っている、あなたが対象です。
  将来に不安を抱えている。このままで良いのか?と悩んでいるあなたが対象です。
  経営が苦しい、集客が出来ない・・・、あなたが対象です。
  ビジネスが古い・・・、もう限界だ、と嘆いているあなたが対象です。
 
当社(宮坂総合研究所MRI)は「3年間で業績を2倍にする成長戦略コンサルティング」です。
 
 
「なに言っての?
 そんなの無理、むり、出来る訳ないよ~
 宮坂さんって、怪しい・・・・」
 
はい!
常識的には無理ですよね~
そんなこと、私も分かっています。
 
でも「思考は現実化する」のです。
鉄鋼王カーネギーに依頼されて成功法則を整理・考案した
あの有名な「ナポレオン・ヒル」の著書名ですね~
 
プロのサッカー選手は、
「俺はプロになる」と思ったからプロになれたのです。

 

子供の頃、サッカーのプロになると思わない限り、
絶対にプロのサッカー選手にはなれません。
 
中田英寿も本田圭祐も、メッシもロナウドも・・
野球選手も同じ、卓球選手も、体操選手も、柔道選手も・・・
みんな同じです。
 
ビジネスだって同じです。
SoftBankの孫正義さんも、GMOの熊谷正寿さんも、
「俺は、ビジネスで絶対に大きな事業を成し遂げる」
と若い時から思ったいるから、今があるのです。

勿論、思うだけでは駄目です。
行動が必要です。
正しい道を選び、その道を一生懸命に歩き、努力することが要求されます。
 
そして、強い思いが無ければ、
途中で投げ出したり、諦めたり、嫌になったりして
止めてしまうのです。
 
継続する為には「動機」「願望」が必要なのです。
そして「やり遂げる」という「決断」「決意」
 
フランスの生科学者「ルイ・パスツール」(1822年~1895年)は
「チャンスは準備された心に降り立つ(Chance favors the prepared minds)」
と言っています。
 
準備は必要です。
努力も必要です。
成功する為には、チャンスをつかむ為には、常に準備が必要なのです。
準備が出来ている時、ある瞬間「チャンスが光る」のです。

私はあるセミナーで不思議な経験をしました。
ジェームススキナー(米国人経営コンサルタント)が、
 
「あなたはビジネスで成功したいですか?
 来年の今、どのくらいの現金を手にしていたいですか?
 1年後、あなたが手にしている現金を想像して下さい。
 大きな数字を思い描いて下さい。
 誰も見ていません。
 だから、安心して、心の中で思って下さい」

 
来年の今?ってことは「1年でいくら稼ぐか?」ってことだな~
そうだな・・・・
少し無理して「1億」ってどうだ!
 
心の中で「1年で1億稼ぐぞ」と思ったのです。
独立したばかりでしたので、現実的には難しいことわかっていましたが、
誰も見ていないし、記録に残らないから、まあ「1億」でいいやと思ったのです。
 
そうしたら・・・・、ジェームススキナーは
「あなたが心で思った数字の左側に、もう1本「1(いち)」を入れて下さい。
 そうすると、一桁増えますよね~
 なぜ、もう一本左に1(いち)を入れるという選択をしないのですか?
 なぜ、あなたは現実に近い数字を選ぶのですか?
 あなたの成功は、そんなものなのですか?
 なぜ、なぜ、左に1(いち)を入れないのですか?
 だって、誰も見ていないし、何も責任ないのに・・・
 これが、あなたの、今の思考です」

 
参りましたよ。
左に1(いち)の数字を入れろ!と言うのには、正直驚いた。

まあ、こんな経験をしたことがあるので、
「私は3年間で業績を2倍にする」という目標を掲げ、
達成する為には「何をすべきなのか?」を経営者と一緒に逆算して考えることにしました。

 
正直にお伝えしますと・・・・
2倍は無理です。
でも「2倍にするんだ」という所からスタートしなければ、
絶対に「2倍」には成らないのです。
 
仮に私は「3年間で業績を5%上げます」と言ったら
あなたはどう思いますか?
 
「えっ?
 3年でたった5%・・・
 そんなのは自分で出来るし、そんなことは望んでいない。
 5%の成長なら、宮坂さん頼む必要は無い!」
 
大ぼらを吹くつもりはありません。
会社の業績を劇的に変化させる為に「何をすべきなのか?」というゴールから逆算して、
何を準備すべきか、何が正しい方法なのか、何を選択すべきかを考えます。
 
結果的に50%しか達成できないかも知れません。
でも、そこには「パラダイムの変化」が起こっているのです。
 
5%や10%伸ばすには、現状の方法に改善を加えれば達成できるかも知れません。
しかし現状の延長上では、50%、100%という変化は起こりません・・・
劇的な成長には、今までとは全く違う思考と取り組み、即ち「変革」が必要なのです。

 
そうです。
今とは異なる選択が必要なのです。
 
キーワードは「経営者(社長)の思考」と「ネット戦略」です。
 
あなた(社長)自身にも、会社にも、社員にも、
今までとは違う新しい取り組みを選択して、
「パラダイムシフト」を起こして行きます。

 
それでは、具体的に「どの様な手順で、何をするのか?」を説明します。

(株)宮坂総合研究所 代表取締役(現職)

   中高年ネットビジネススクール校長
   会計事務所向け「経営支援 MAS-newsジャパン」編集長
   ネットワーク&コミュニティ研究所研究員

(経歴)
ニフティ(株)社長室長(兼)広報室長(兼)宣伝部長
カルチャープレス(株)代表取締役(ニフティ関連会社社長)
社団法人日本インターネット協会「著作権分科会主査」(退任)
社団法人日本インターネットプロバイダー協会幹事(退任)
ネットワーク音楽著作権連絡協議会 副代表(退任)
社団法人全日本スキー連盟国際審判員。フリースタイルスキーFISテレビ解説者

続きを読む

  目次(content)

  1.当社(宮坂総研MRI)のコンサルティングは、「3ヶ月」を一つの区切りとし進めます。この段階で「価値」を感じない場合は、即解約して下さい
  2.劇的な変化を起こす為には、経営者(社長)の思考、考え方、あり方、取り組み方を変える必要があります。
  3.変化を起こす為に必要な「ネット戦略」があります。今、経営環境が大きく変化する中、必要とされるネット戦略とは?
  4.第1フェーズ(最初の3ヶ月)「基礎契約」~次の第2フェーズへ
  5.効果が無いと思ったら・・・

宮坂総研(MRI)コンサルティング(方法と進め方)

提供する価値に対する対価

提供する価値に対する対価

宮坂総合研究所(MRI)のコンサルティングは、
3ヶ月間を一つの区切り(フェーズ)として進めて行きます。
 
本当の成果が出るには、最低限1年間のコンサルティング期間が必要ですが、私との相性、私との方向性、私との価値観などが合わない場合もありますし、また私ども(宮坂総研MRI)の成果に価値を感じない時は、遠慮なく解約して頂いて結構です。(逆のケース、即ち当方(宮坂総研=MRI)からの解約も同等に有り得ますことご了承下さい)
  続きを読む… →

経営者の成長をサポートする

経営者(社長)の思考と決断をサポート

経営者(社長)の思考と決断をサポート

会社の運命は社長で決まります。
良くするのも、悪くするのも社長次第。
全て社長の考えで決まり、社長の決断の結果です。
 
では、会社を大きく成長させて劇的な成果を上げる為には何をするのか?
答えは・・・・
社長の思考と選択を変えるのです。
 
例えば、
昨日の同じことを本日もしていたら、明日はどうなると思います?
同じ結果です、昨日と同じ結果にしかなりません。
 
では、変化する為には何をするのか?
  続きを読む… →

劇的な変化は「ネット戦略」で起こす

劇的な変化は「ネット戦略」で起こす

会社を劇的に変化させる、即ちパラダイムシフトを起こす為には
「今までとは全く違う次元の戦略と行動」が必要です。
 
今まで延長上では無い、全く違う戦略を取らなければなりません。
その為に必要なことは2つ
 
1つは「経営者の思考の変化と決断、そして継続する勇気」
もう一つは「経営環境に対応したネット戦略」です。

 
あなた(社長)の会社にもホームページはありますよね~
 
そこから「新しい顧客」は獲得できていますか?
大きな「看板」で終わっていませんか?
ネットで集客することを諦めていませんか?
 
「いや~、宮坂さん
我が社は、何度もネットに挑戦しましたが、失敗ばかりでしたよ。
今更、ネットでパラダイムシフトが起こるなんて幻想でしょう・・・?」(懐疑的な社長(あなた))

  続きを読む… →

コンサルティング内容「第1フェーズ」~「第4フェーズ」

第1フェーズは3ヶ月間の「(基礎契約)社長の思考」

第1フェーズは3ヶ月間の「(基礎契約)社長の思考」

まず第1フェーズは、3ヶ月間の「基礎契約」を取り交わして頂きます。
 
基礎契約って何だ?
と不思議に思われる方が沢山いらっしゃると思います。
 
家を建てる時、最初に基礎工事をしますよ~
それと同じで、会社をリフォーム?して2倍に成長させる為には、
基礎を充分に固めないと上物を傾きますからね~
 
第1フェーズではシュミレーションから入ります。
当社(宮坂総研=MRI)が準備した「簡易損益計算書(エクセル)」を使い、
クライアントの社長(あなた)と夢、願望、希望、などを話合いながら、
「理想的な3年後の売上・利益」を作って行きます。
 
「できる?できない?」では無く、
「なりたい?なりたくない?」という地点で考えます。

  続きを読む… →

  初日面談で、こんな質問をさせて頂きます・・・

  初日面談で、こんな質問をさせて頂きます・・・

初日の面談は、当方(宮坂総研MRI)から
 
「社長の会社って、どんな会社?」
「業界って、今どうなってるの?」
「社長~、ライバルはどこ?勝てる?」
「マーケティングしている?ネット比率はどうのくらい?」
「自分の会社を3年後にどんな姿にしたいと思っているの?」
「3年後、年収どの位欲しいの? (正直に答えて)」
    (↑俺が左側に1本足してあげる)
 
具体的には「以下の質問」させて頂きます。
  続きを読む… →

第2フェーズ(次の3ヶ月)「3C分析とベンチマーク」

第2フェーズ(次の3ヶ月)「3C分析とベンチマーク」

当社のコンサルティングの基本は、「経営者の能力開発」「3C分析」「ネット戦略」が3本柱です。
 
第1フェーズでは「経営者の能力開発」の基礎部分のトレーニングを行いました。
過去の経験からくる「今までの考え方」は簡単には変えられません。
 
今までと同じ選択はしません。
異なる選択をするから、異なる結果が出るのです。
しかし、間違えた選択は失敗を導きます。
また、無計画な猪突猛進型も失敗を招きます。
 
ですから、正しい選択を行い、正しい計画を作ります。
その為に、第2フェーズでは「3C分析」を行い、今の自分たちの位置を確認します。
 
Company    :「自社の強みは何か?(company)」
Customer   :「顧客は何を望んでいるのか?(customer)」
Competitor    :「競争相手はどうしているのか?(competitor)」
  続きを読む… →

第3フェーズ(次の3ヶ月)「顧客は何を望んでいるか?(ネット戦略)」

第3フェーズ(次の3ヶ月)「顧客は何を望んでいるか?(ネット戦略)」

第3フェーズでは、「顧客は何を望んでいるのか?(customer)」を考えます。
 
社長(あなた)の会社の商品が法人向けであろうと、個人向けであろうと、
怠ってはならないことが「経営環境の変化に対応する」という事です。
 
ある時、法人向け商品を扱っている製造業の社長が
「いや~、宮坂さん。
 我が社はB2Bの商品で、購買が窓口ですから、
 ネット対応は必要ないのですよ。
 
 ホームページは高い金だして綺麗なのがあるし、
 営業は訪問営業だからね~」
 
確かに窓口は購買かも知れませんし、個別商談かも知れません。
でも、購買の人たちは日常どんな機器を使っていますか?
 
会社ではPCかもしれませんが、通勤途中、休憩持、昼食時、業務終了後、休日・・・
必ずスマートフォンを使っています。
  続きを読む… →

第4フェーズ(次の3ヶ月)「差を埋める方法と目的思考」

第4フェーズ(次の3ヶ月)「差を埋める方法と目的思考」

第1フェーズから第3フェーズで、以下の目指す方向は決定しました。
 
 Company    :「自社の強みは何か?(company)」
 Competitor    :「競争相手はどうしているのか?(competitor)」
 Customer   :「顧客は何を望んでいるのか?(customer)」
 
次の第4フェーズは「何を」「だれがする」という具体的なワークに入ります。
 
自社の位置とベンチマークした競争相手の位置が分かりました。
そうです。
「差」を理解した訳です。
 
次にその「差」をどうやって埋めてゆくか?
ネットの比率はどうするのか?
消費者を動かす「利益」は何か?
それをどの様に伝えるのか?
 
それから、「誰が、その差を埋めて行くの?」ということも重要です。
  続きを読む… →

効果が無い!成果が出ない!と思ったら「即、解約」OK

効果が無い!成果が出ない!と思ったら「即、解約」OK

効果が無い!成果が出ない!と思ったら「即、解約」して頂いて結構です。
 
解約を申し出た時の月額費用は「返金」します。
と言うより・・・・・「受け取りません」
 
コンサルティングは「あなたが価値を感じたこと」に対して「対価」を頂くことです。
 
それ故、あなたが「価値が無い」と思ったら、即、他の方法を選択する方が合理的であり、
お互いが幸せになる選択だと考えています。
コンサルティングで重要な要素は次の3つです。
 
(1)双方の価値観が同じである、或いは同一方向に向かっていること
(2)クライアント(あなた)の本当の悩み、望んでいる姿(願望)を知り、その対策を考えること
(3)対策(戦略)に対して、クライアント(あなた)が本心から達成したいと言う強い願望を持ち、
   そして、何があっても達成するという「覚悟」を持ってもらうこと
  続きを読む… →


 
 
宮坂総合研究所(MRI)へのご質問・相談などは以下フォームから連絡お願いします。
24時間以内に返答させて頂きます。  
 
お急ぎの方は:
045-532-2299  
コンサルティングのご依頼は:
080-2027-3513(宮坂の携帯←本人が出ますのでご安心下さい)  
 
お問い合わせ(ご質問)・面談希望
お名前(必須)  *
メールアドレス(必須)  *
電話番号(必須)  *
会社名
ご住所
設立  *
~1年 ~3年 ~5年 ~10年 10年以上
ご質問・面談希望日など